成年後見費用の目安

高野義憲

成年後見(保佐・補助)開始申立と、それに伴う特別代理人選任申立などの費用の目安を掲載しています。

資料収集の手間などに応じて若干前後する場合もありますので、具体的な金額については手続きを進めていく中で定まってくる事をご了承下さい。

 

 

成年後見(保佐・補助)開始申立の費用

成年後見(保佐・補助)開始申立てには、下記表の通り、合計でおおよそ10万円弱程の費用がかかります。

ただし、申立の際に、医師の診断書を添付するのですが、その診断書だけでは本人の状況が判断し難い場合に、家庭裁判所で再度鑑定を行う事があります。その場合には、別途、鑑定費用として5万円~10万円程の費用がかかります。

そのため、再度の鑑定が予想される場合には、20万円程見ておいた方が良いです。

 

報 酬

実 費

成年後見開始等申立
(書類作成、申立代行など一式)

88,000円

(ただし、当方にて資料収集などの必要もなく、ほぼ書類を作成するのみの様な場合は、75,000円)   

収入印紙 − 3,400円

郵便切手 − 2,800円
(保佐・補助は3,800円)

 

特別代理人選任申立、不動産売却許可申立の費用

遺産分割協議をするため、抵当権設定のため(利益相反)、不動産を売却するためなどの目的で、成年後見開始等申立てを行う場合は、特別代理人選任申立、不動産売却許可申立も同時にしておく必要があります。

成年後見が開始した後にその必要が生じた時は、別途で申立をします。

 

報 酬

実 費

特別代理人選任申立
不動産売却許可申立

35,000円

(ただし、後見開始等申立と同時に申立てる場合は、20,000円)   

収入印紙 − 800円

郵便切手 – 1,000円以内

 

 

 

無料相談・お問い合わせ