司法書士紹介

高野義憲

代表司法書士 高野 義憲

昭和43年大阪府東大阪市生まれです。
もともと温和な性格も影響してか?大阪弁は全く出なくなり、大阪出身というとほぼ全員に驚かれます。
奥さんの実家が神奈川県綾瀬市にある関係で、平成13年から座間市のマンションに定住する様になりました。

海老名市で司法書士事務所を独立開業して4年程ですが、大和市の司法書士事務所に入所しこの業界に携わる様になって17年程経ちます。
主に新築住宅や中古住宅・マンションの売買に伴う不動産登記と、相続に伴う不動産の名義変更登記を中心に業務を行っています。
ただそれに関連して、相続放棄や調停・審判などの家庭裁判所の手続、成年後見の手続、債務整理などなど、相談を頂くとおおよそ断れず、広く取り扱っています。
やはり相続の手続に関わる事が多く、相続人が十数名に及ぶ場合や連絡が取れない者がいる場合など様々な件にも携わってきました。

当事者間で生じている紛争を解決するために依頼者のために闘う弁護士とは違って、司法書士は将来紛争が生じない様に当事者の全員と話をしながら手続を進めていく仕事を中心にしています。
そのため司法書士には、当事者全員に安心感を与える平和的?な対話能力が求められると思います。
私は一時期司法試験に落ち続けた事があるのですが、性格的には司法書士の方が断然向いていて、結果的には良かったと思っています。

独立開業以来、大事に考えている事が3つあり、まず2つは、誰よりも迅速に動く事、すぐに報告・回答する事です。
誰しも依頼した段階ではまだ、本当にこの人に頼んで良かったのか心配だと思います。
それを少しでも早く払拭して安心して頂ける様に、とにかく書類収集など迅速に進めて逐一電話やメールで報告する様に心がけています。
実際、速い事と逐一報告する事で、お任せして良かったと言われる事が多く、そんな時に何より嬉しく思います。

大事に考えているもう1つは、相談を全て無料にする事です。
その理由は「無料相談について」のページをご覧ください。
相談については、いつでも何度でも、1時間2時間費やしても無料にしています。
気軽に安心して聞いて頂ける司法書士でありたいと考えています。

本を読むのが最近は趣味です。
昔はギターを弾いていたため音楽にどっぷりはまっていたのですが、最近ではたまに聞く程度で、逆に、昔は本を全く読まなかったのですが、今では移動中の電車内など常に本を持ち歩く様になりました。
持ち歩くため文庫か新書ばかりですが、小説・ノンフィクション・ハウツー本などなど目についたものをいろいろ読んでいます。
相続や法律に関わる本なども、一般の方向けに分かりやすく書かれたものを読むと、今さらながらなるほどと感じる事がよくあります。
また相談者の方に分かりやすく説明するための勉強にもなっています。

 

司法書士 澤田 隆弘

司法書士 澤田 隆弘 司法書士の澤田隆弘です。相続手続きの際の、古い除籍謄本の解読は私にお任せ下さい。見事な筆記体も、根気よく観察すれば解読できます。

司法書士 飯田 俊之

司法書士 飯田 俊之 司法書士の飯田俊之です。特に会社・法人の登記は私にお任せ下さい。

 

無料相談・お問い合わせ